蕎麦猪口と酒の器展〜器峰窯 岡部俊郎・綾子〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク

蕎麦猪口と酒の器展 作家紹介

2019年5月21日(火)より始まりました、「蕎麦猪口と酒の器展」

順不同ですが、今回参加していただいている器作家さんを簡単にご紹介しております。

今日は、熊本県天草市・器峰窯 岡部俊郎さん、綾子さんご夫婦のご紹介。

器峰窯 岡部俊郎・綾子

以下、俊郎さんの陶歴です。

2002 佐賀県立有田窯業大学校を卒業後、天草の地へ戻る

2006 AMAKUSA陶磁器展 小川哲男賞

2010 めし碗グランプリ展 優秀賞

2012 西日本陶芸美術展 入選

      AMAKUSA陶磁器展 小川哲男賞

2013 器峰窯 開窯

    西部伝統工芸展 入選

    九州山口陶磁器展 熊本放送賞

    くらしの工芸展 奨励賞

2014,15,16 西部伝統工芸展 入選

2018   LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 熊本代表に選出される

      日本民藝館展 準入選

店内に並ぶ岡部さんの蕎麦猪口、酒器、豆皿など

天草の地で、ご主人の俊郎さんが器をつくり、奥さんの綾子さんが絵付けを担当する二人三脚の作品づくり。

綾子さんは、長崎県出身。佐賀県立有田窯業大学校にて絵付けを学び、俊郎さんと結婚後天草の地へ。以来二人で天草にて器をつくり続ける。

明治から昭和初期にかけて利用されていた石膏をもとにしたり、当時描かれた図案を現代風にアレンジし再現するなど伝統の中にふたりのセンスが光る器には、日々の生活に自然に馴染むように、との思いが込められる。

陶歴にも記載していますが、俊郎さんは2018年の「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 」熊本代表に選ばれ、47都道府県から選出された50名のモノづくりに取り組む匠の一人として、新しいプロダクトの作成、発表に取り組まれました。

6月には、熊本市新町の木村屋酒店さんでの毎年恒例の器展も開催されます。父の日にお酒と合わせて、岡部さんの器を選ばれてはいかがでしょうか?

人気の猫や今の時期にぴったりの菖蒲や紫陽花も

お猪口は古典的な虎や龍に加えて金魚や猫、フラミンゴなど愛らしい絵柄も(虎と龍以外は一点ずつです)

以前のブログも → 器峰窯 

器峰窯 〒863-0002 熊本県天草市本渡町本戸馬場2004

(水の平焼敷地内)

「蕎麦猪口と酒の器展」

手打そば 柳屋

2019年5月21日(火)~6月9日(日)※5月27日(月)、6月3日(月)店休日のためお休み

時間:11時半~14時半 (営業はお昼のみ)

住所:〒861-4609 熊本県上益城郡甲佐町西寒野865-3

電話 : 096-234-0122 

器季家

2019年6月14日(金)~16日(日)

時間:11時~18時 

住所 : 〒860-0027 熊本市中央区西唐人町10(出田眼科前)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする