熊本の伝統工芸 〜小代焼〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク

小代焼

青小代小皿(小代焼一先窯)

熊本県にはたくさんの伝統的な工芸品があります。

陶磁器、木製品、金属製品、などなどジャンルも様々、昔から熊本では広範囲に工芸品が作られ受け継がれてきました。

まずはその中の一つ、小代焼についてご紹介したいと思います。

小代焼とは

熊本県の伝統工芸品に指定されている焼物。

良質の陶土の採れる、荒尾市の東に位置する小岱山の麓に窯が開かれたのが始まりとされる。そのため小代焼は、小岱焼と表記されることもあるそう。

現在は熊本県北の荒尾市、南関町、長洲町、県央の上益城郡嘉島町、宇城市にて小代焼の窯があり現在まで継承されています。

鉄分の多い粗めの陶土に、藁などで作られた釉薬を流しかけられ、釉薬や焼き方の違いにより青小代、白小代、黄小代など色合いや風合いの変化がもたらされる。素朴でありながら、ダイナミックそして力強い印象の陶器。

江戸時代には細川藩の御用窯()として保護され、茶陶も焼かれましたが、同時に日用の雑器を数多く作られてきました。

※御用窯ー陶工・窯業を保護育成し,藩が援助し、藩主の什器などを焼かせた窯。

小代焼は、腐らない・臭いが移らない・湿気を防ぐ・毒消しの効果がある・延命長寿につながると五つの利点から「五徳焼」とも言われ、昔から装飾性と実用性を兼ね揃えた生活什器であったとされます。

現代の小代焼

現在、熊本県北部を中心に10以上ある小代焼の窯元。

オンラインショップ K cappa kumamotoでは、その中で熊本県長洲町の小代焼一先窯・山口友一さんの器を掲載しています。

小代焼一先窯 山口友一(熊本県玉名郡長洲町)

小代焼一先窯・山口友一さん

小代焼一先窯の2代目である友一さん。地元長洲町の土を使い、地元の藁を燃やしてできた藁灰釉や黒釉、粉引などの器を作陶。天草・丸尾焼での修行を経て、伝統的な小代焼の技法の中に、山口さんらしいセンスが光ります。現代の生活の中で、暮らしの中に自然と馴染むような作品です。

そこにあると日々の暮らしが楽しくなるような、陶器の中に土らしさ、丸み、温かみが感じられるような作品をとの思いで制作されています。

山口さんの作品の一部です

小代焼リムプレート

しのぎ黒急須

ギャラリースペースの雰囲気

作陶の様子

 

山口さんの作品も本当に素晴らしいですが、窯元に併設のギャラリースペースのしっとりした雰囲気がとても素敵で大好きです。

奥様も作陶され、ご夫婦にて熊本を始め福岡、宮崎などで作陶展を開催されたり、イベントに出展されたりと活躍の場をどんどん増やしていらっしゃいます。笑顔の素敵なお二人、いつお会いしても暖かく迎えてくださいますよ。

このブログでも、山口さんご夫婦の作陶展やイベント出展のお知らせなど合わせてお知らせしていきます。

オンラインショップ K cappa kumamoto のページでも山口さんの作品をぜひご覧ください。

http://k-cappa.com/?mode=cate&cbid=2110251&csid=0&sort=n

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする