木工芸 木目の美しさ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

木工作家 平井恵子さん

熊本県合志市にお住いの、平井恵子さん。

大学で木工芸を専攻し、数々の作品を制作され、現在はご自宅の一角に工房を構えられ制作を続けられています。

先日、平井さんのご自宅へお邪魔し作品を見せていただきました。

木目の美しさ

平井さんの作品は、木目の美しさが生かされています。

天然の木目を生かし、くり抜くように彫り箱状に

工房には、楓や欅をはじめ様々な種類、様々な大きさの木をストックされていました。

この集められた木、自然のものなので当然なのですが、木目や色合いなど全て同じものはありません。この木目と材質によって、どんな作品にしていくのか考えられます。木目がその作品の顔になり、作品の印象が決まります。

一つ一つ手作業で削られ、磨かれるのですが、木によって硬さが違うので、製作のスピードは木の状態次第で大きく変わるそう。

また天然の木は徐々に歪みが生じてくるので、特に大きな作品では、少し削っては歪みを待ち、また削っては歪みを待ち、と木の変化を待ちながらの作業になり、一つの作品の完成までに何年もかかることも多々。

製作途中の作品

平井さんの作品は、木を組み合わせ箱にしていくもの、一つの木をくり抜くように彫っていき箱にしていくものなどのように比較的大きなものから、日常で使うペーパーナイフやお箸、スプーンやアクセサリー類まで多岐に渡りますが、どの作品も最後に漆などの天然の塗料、天然のオイルを塗って仕上げられます。

そんな手間暇かけられた平井さんの作品は、繊細な柔らかい曲線で艶のある美しいものばかりです。この繊細さ柔らかさを表現するためには、木を彫ったり磨いたりと相当の力が必要ですが、出来上がった作品からはその途中の工程は全く感じられません。

平井さんの暮らし

西部工芸展をはじめとする工芸展で、何度も受賞を経験されている実力派の平井さん。

今回ご縁をいただき、初めて平井さんとお会いしたのですが、女性同士ということもあったのか、初めて会ったとは思えないほどたくさんお話をすることができ(ご自身の作品に関するお話から、パクチーの好き嫌いについてまで・・・)、相当長居してしまいました。

お宅の居心地の良さはもちろんですが、平井さん自身が一緒にいる人を穏やかにさせてくれるような素敵な雰囲気のある方でした。

そして、その穏やかさの中に、日々の暮らしの中で長く快適に使われるような作品をつくっていきたい、そしてご自身も良いものを大切に長く使っていきたいという熱い気持ちも感じました。

上の写真の美しい木目の木片を見ながら、「何を作ろうかな、と考えるだけでわくわくするから、それだけで時間が過ぎていくんですよ〜。」と笑う平井さん。

「いつも何かをつくっていたい」とのことで、木工はもちろんですが、料理やお菓子づくり、裁縫や縫い物とつくること全般好きで、木工以外の腕前も本格的。好きなことへの集中力が優れていらっしゃるんだなと感じました。

「K works」

K cappa kumamotoでは、平井さんの作品の取り扱いを始めます。

日常で使う道具、そして身につけるアクセサリーなど、平井さんの繊細さを感じるような美しい作品ばかりです。

黒檀に柘植の黄色のラインが美しい。

木の大きさや木目を活かした作品は当たり前ですが、どれ一つ同じものはない一点物です。

少しずつ掲載しますので、平井さんの作品「K works」どうぞお楽しみに!!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする