熊本の器と工芸 県南(八代市日奈久)〜高田焼上野窯〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク

日奈久の古陶

前回お伝えしたように、熊本県八代市日奈久は古くから温泉で有名な温泉地。

藩営の温泉地だったこともあり、江戸の時代よりかなりの賑わいがありました。海が近いため、漁業も盛んで加工品として日奈久ちくわも有名です。

そんな日奈久の地には、竹細工だけでなく、400年以上続くと言われる伝統的な焼き物があります。

高田焼の特徴

高田焼・上野窯(熊本手しごと研究所HPより)

高田焼の歴史は大変古く、400年以上と言われています。もともとは現在の福岡県上野に開窯し他のが始まりとされ、その後細川家の肥後転封(※)に伴い、寛永9年上野より現在の熊本県八代市に移動し開窯。高田焼は別名を「八代焼」とも言われます。

 ※幕府の命令で大名の領地を他に移すこと。国替え。

その後は、細川家の御用窯として代々保護され、茶陶器を中心に作陶されました。現在は八代市などで、3窯で作陶されています。

高田焼は、象嵌という技法が特徴的です。象嵌とは、乾ききる前のまだ柔らかい状態の時に模様が彫られ、彫ってできた溝に違う色の土を埋め込んで模様を作るという大変手間のかかる技法です。

そしてもう一つ「青磁」というグレーの色が特徴があります。(少ないですが、白地や黒地の高田焼もあります。)この素地の色は、上にかける釉薬の色ではなく、土そのものの色。この素地の色を出すためには土作りが重要になります。八代の地に良質な陶土があったため高田焼の窯が開かれました。

高田焼・上野窯

高田焼上野窯HPより

日奈久温泉外から少し離れた場所にある「高田焼上野(あがの)」。

高田焼は、江戸時代は幕府の保護を受け継承されましたが、明治維新後は藩体制が終わり、それまで藩の御用窯としてではなく、自身で小売をして生計を立てることとなりました。上野窯は人で賑わう温泉地の日奈久で良質の陶土の採れる場所に窯を移し、以来400年という歴史を守り続けてらっしゃいます。

現在の当主は、何と12代目の上野浩之さん。長男である浩平さんとともに歴史ある高田焼の伝統を守りながら、高田焼の長く受け継がれてきた技法が現代の生活に取り入れられるよう、浩之さんと浩平さん、それぞれの技術と個性が現れた作品づくりをされています。

高田焼上野窯作陶展

過日の内容となってしまいますが、先日熊本市の鶴屋百貨店で行われた「高田焼上野」の作陶展。12代目当主上野浩之さん、そして13代目となる浩平さんそれぞれが向き合う高田焼の姿を見せていただき、作品についてはもちろん、高田焼の歴史や上野窯について、とても丁寧に詳しく説明してくだいました。

ため息の出るような繊細な技術がふんだんに使われた作品の数々。お話しを伺って作品を見ると、その繊細さ、作品が出来上がるまでの長い行程が余計に感じられ、かなり見応えある作陶展でした。

浩平さんは、大学で彫金を先行されていたりと、高田焼の伝統を守りつつ、幾何学的な文様の日用食器の制作など、独自のスタイルも展開していらっしゃいます。昨年、2016年は熊本県の匠としてLexus New Takumi Project に参加されるなど、多方面で注目されている作家さんの一人。今後の活躍がとても楽しみです。

今後の活動についても、またこちらでお知らせしていきますね。

高田焼上野窯 HP

高田焼上野窯

住所:〒869-5136 熊本県八代市日奈久東町174

電話番号:0965-38-0416

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする