熊本の工芸 県北(山鹿市)〜竹工 木部大資〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク

熊本県山鹿市

山鹿温泉や千人灯籠踊りで有名な山鹿灯籠祭り、また国指定の重要文化財である八千代座などで知られる山鹿市。

江戸時代から山鹿のメインストリートとして栄えてきた豊前街道沿いを中心とし、当時の面影が残され情緒ある町並みです。

もともと絹の生産も盛んだった山鹿。一時はその生産も少なくなりましたが、現在山鹿シルクとして、絹の生産を復活させるという取り組みにも力が入れられています。

古民家ギャラリー 百花堂

そんな山鹿市の町並みの中にある、古民家ギャラリー百花堂。

もともと畳屋だった長屋を改装(もとの長屋の佇まいに戻され)して、現在はギャラリーとして、様々なアーティスト、作家さんの個展やグループ展を開催されています。

しっとり、凛とした百花堂の店内。外の喧騒を忘れさせてくれ、四季を感じる奥の中庭を縁側に腰掛けて眺めていると時間を忘れてしまいそうです。

忙しく慌ただしい日常から、すっと解き放ってくれるような美しい空間なのですが、毎日お手入れ、定期的な修復など相当な努力あってこの古民家が維持されているそうです。

木部さんの竹工

煤竹(すすだけ)の箸

この百花堂にて、竹のお道具を制作されている木部大資(きべだいすけ)さん。

古民家で使われていた煤竹(すすだけ)や山から採ってきた新しい竹などを使って、お茶のお道具から日常使いの道具まで幅広く様々な作品を作られています。

制作するための道具もご自身で作られたり、既存のものに手を加えて使いやすいように工夫されたり、道具からこだわって制作されています。

様々な道具が置かれる制作場所。

自然の物である竹。その性質を見極めながら、どの部分を使うのか、どのくらい必要かなど制作に入るまでにも相当な時間をかけられるそうです。

一つづつ丁寧に時間をかけて制作される作品。手に取ると木部さんの丁寧な仕事ぶりが伝わってきます。

個展

只今、熊本市黒髪の陶季さんで木部さんの個展が開催されています。

先日お邪魔しましたが、陶季さんの美しい空間に木部さんの作品がぴったり合っていて、本当に美しい空間でした。

ため息の出るような美しい作品に時間を忘れてしまいそうです。

木部さんも在廊されています。期間中ぜひお出かけください。写真だけでは伝わらないので、ぜひあの空間で木部さんのお話を聞きながら、作品を見ていただきたいです。

陶季さんで 10月1日(日)まで。

陶季 〒860-0862 熊本市中央区黒髪3-11-2

陶季 Facebookページ

ギャラリー百花堂 

住所:〒861-0501 熊本県山鹿市山鹿1371

定休日:火曜

百花堂Facebookページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする