熊本の工芸 県南(八代市)〜い草縄工房 井上(井上産業)〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク

い草の産地・八代

八代産オーガニックい草の寝ゴザ(い草縄工房井上)

熊本県八代の特産品である「い草」。長い歴史があり、また生産量は全国の8割から9割を占めると言われます。

現在は生活様式の変化に伴う畳表の需要の減少、また輸入い草の増加による国産い草の生産量の減少などにより、い草の生産農家も大幅に減少しているようです。

こういった状況から、い草の伝統を未来につなげるため八代では行政とともに、畳表としての「い草」はもちろん、その他様々な用途に「い草」を使用した製品の開発や販売がされています。

い草縄工房 井上(井上産業)

い草縄工房の井上昭光さん

八代市のい草縄工房井上さんは、い草を使った細縄の製造をされています。

もともとワラを使って造園業などで利用される縄を作ってらっしゃいましたが、次第にワラに変わって八代の特産品である「い草」で縄を作られるようになったそうです。

井上さんの細縄は、い草をより合わせて作ることで細くても強度のある縄となります。

井上さんと一緒に写真に写っている「い草縄のれん」は、九州新幹線つばめの車内にも採用され話題に。(つばめ車内のものとサイズは異なります。)

のれんとしてはもちろんですが、程よく光を通すので圧迫感がなく、部屋の間仕切りとして使うにも最適と井上さん。

い草縄の製品

井上さんは、前述した「のれん」のように、縄そのものの特性を生かした製品だけでなく、縄をさらに編み込んだ草履や、縄を組み合わせた模様を生かした椅子、お昼寝に最適な寝ゴザなど、様々な製品を開発され製造されています。

実演で草履を編まれたり、いろんなイベントに出展されたりと県内外で活動されていますが、中でもお客さんとのお話が新しい製品作りのきっかけになっているのだそう。

数ある井上さんの製品の中で数点をご紹介します。

オーガニックい草の寝ゴザ

八代産のオーガニックい草を細縄にし、その細縄を組み合わせて作られている寝ゴザ。

写真は1畳サイズですが、通常の畳表6畳分の量が使用されているため程よい厚みあり、
座ったり寝転んだ時に体がしっかり安定し、硬すぎず柔らかすぎないので、寝返りもしやすく寝心地は最高です。

井上さんは一年を通して、い草縄の寝ゴザに寝てらっしゃるそうですよ。

い草縄座面のスツール

い草の細縄を組み合わせた座面のスツール。

座り心地が柔らかく、い草縄を束にして格子状に編みこむように組み合わせられており、強度がありかつ軽量。同じ縄でも縦向きの縄と横向きの縄、光の当たり方によって格子模様が浮き出て見えます。
以前このブログでご紹介した五家荘工芸で椅子の土台は作られています。

い草縄のしめ縄

い草の縄の〆縄。

こちらは井上さんの息子さんが中心となって制作されています。

お正月だけでなく、一年中飾っておきたいようなおしゃれな〆縄です。

 

猫ちゃんにも人気の円座

他にも様々な製品を開発、制作されている井上さん。お会いする度に新しい製品や試作品を見せてくださり、日々試行錯誤しながら常に新しい試みにチャレンジされています。

い草の自然な良い香りと風合いを生かしつつ現代にマッチするような品物をとの熱い思いを持っている井上さん。お会いする度に、元気をいただいています。

↓オンラインショップでもご紹介しています。

K cappa kumamoto い草縄工房 井上

い草縄工房 井上(井上産業)

住所 〒869-4615 熊本県八代市川田町東1063-2

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする