い草の心地良い香り 〜い草縄工房井上さん〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク

熊本県八代のい草

井上さんの事務所に敷かれた猫伏の上でくつろぐ猫ちゃん

熊本県八代の特産品である「い草」。長い歴史があり、また生産量は全国の8割から9割を占めると言われます。

しかし、生活様式の変化に伴う畳表の需要の減少、また輸入い草の増加による国産い草の生産量の減少などにより、い草の生産農家も大幅に減少している現状。

こういった状況から、い草の伝統を未来につなげるため八代では行政とともに、畳表としての「い草」はもちろん、その他様々な用途に「い草」を使用した製品の開発や販売がされています。

井上さんのい草縄

K cappa kumamoto オンラインショップでご紹介している、熊本県八代市に工房を構える「い草縄工房 井上」さん。井上さんは独自の技術でい草を縄状に撚って、その縄で様々な製品を作られます。

K cappa kumamotoオンラインショップでは、井上さんのい草縄を使った猫伏と呼ばれる寝ござやい草縄を座面に使ったスツールをご紹介しています。また昨年末にはい草のしめ縄の販売をしました。

い草縄座面のスツール(肘掛スツールスツール

これらの製品に使われる「い草縄」。加工前のい草を撚り合わせて作られる長い縄なのですが、撚った縄数本をさらに撚り合わせることで、真っ直ぐ加工しやすい状態になります。

撚り合わせた縄同士をさらに撚り合わせ太い縄に。

い草の縄は表面がなめらかで毛羽立ちにくい。

い草縄のれん

この真っ直ぐ曲がらない性質を利用した「い草縄のれん」は外からは見えにくく、内側には外からの光を通すので、圧迫感や窮屈さを感じさせず、九州新幹線「つばめ」、熊本~人吉間の特急「かわせみ」、そして豪華クルーズ列車「ななつ星」といった九州内を走るJRの列車内に使用され有名になりました。

井上さんの工房に掛けられたのれん。

い草縄の猫ちぐら

また最近では、このい草縄を使った猫ちぐら(猫ちゃんのお家)も人気なのだそう。

い草縄は表面がなめらかで毛羽立ちにくく、何よりも天然の素材なので猫ちゃんにも安心と評判です。(土台は竹を使用)

コロンとした形と太めのい草縄の猫ちぐらは、猫ちゃんが入りたくなる素材と形。お部屋インテリアにもなりそうです。い草の良い香が広がります。

暮らしの中にい草を

井上さんのい草縄を使った製品は他にも色々。

好きな長さでカットして使える3色の箒

梅雨の時期はなかなか作業が進まなかったり、色々と大変なこともあるそうですが、それでも常に形やデザイン、色の組み合わせなど試行錯誤を繰り返し、常に新しい試みに取り組まれる井上さん。い草の自然な良い香りと風合いを生かしつつ現代にマッチするような品物をとの思いで製作されています。

暑い時期だけに限らず、1年を通して使えるい草縄の製品。長く変化を楽しみながら、使っていきたいですね。

暮らしの中にい草を取り入れてみませんか?

K cappa kumamoto オンラインショップでも、井上さんのい草縄の製品を少しずつ増やしていきたいと思っています。Blog写真の商品、オンラインに掲載していないものでも、お届けできるものもございます。お値段やお届けまで日数などお気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする