萩見窯の器


スポンサーリンク
スポンサーリンク

熊本県宇城市の萩見窯

熊本県宇城市松橋町に窯を構える、萩見窯の井銅さん。

井銅心平さん

佐賀県唐津での修行を経て、現在宇城市に窯を構えられています。

鉄分が多い宇城の土が中心に使われる器は、焼き上がりに鉄の様々な表情が加わり、井銅さんの作品の個性となっています。熊本の器と工芸 県央(宇城市松橋町) 〜萩見窯・井銅心平〜

作品には、三島と呼ばれる象嵌、粉引、刷毛目、焼〆などの様々な技法が使われます。

萩見窯の器

派手にならず、料理を引き立てるような器をとの思いが込められた井銅さんの作品、K cappa kumamotoオンラインショップに新しく3点入荷しました。

三島皿

人気の三島の器。

地のグレーに、柔らかく引き立つ白の象嵌が印象的です。

器の表面にヘラやスタンプのような印で模様を入れ、その凹んだ所に白い土を埋め込むという大変手間のかかる技法の器。

和食はもちろんですが、ケーキなどデザート類にも使い易いサイズです。

※このサイズの三島皿は完売しました。

焼〆 象嵌豆皿

こちらも象嵌の技法が使われた器ですが、焼〆という釉薬をかけずに焼かれた豆皿。土そのものの特長を生かした素朴さが味わい深く、使い込み変化を楽しみたい一皿です。

やや男性的な印象焼〆ですが、施された小花の象嵌が柔らかい印象を与えてくれます。

片手に収まるサイズ。食卓ではもちろんですが、ピアスなどのアクセサリー置きにも。

※焼〆象嵌豆皿完売しました。

黒釉スープカップ

こちらは、艶のある外側の黒と内側の刷毛目のグレーのコントラストが印象的な、深めのスープカップ。

スープカップと名前が付いていますが、深皿として幅広く活躍してくれそう。両手で包み込めるくらいの丁度いいサイズ感です。

黒釉スープカップ

料理を引き立てつつ存在感も充分にある井銅さんの器は、料理人さんにも選ばれ、数多くの飲食店でも使用されています。

本格的な料理でなくても、切っただけ、茹でただけ…などの簡単な料理さえ贅沢なものにしてくれそうです。

ぜひお早めにどうぞ!

K cappa kumamoto


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする