熊本の器と工芸 県央(宇城市松橋町) 〜萩見窯・井銅心平〜


スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇城市松橋町 萩見窯

三島皿(萩見窯・井銅心平)

陶磁器の技法が九州からほど近い朝鮮半島から伝わったこともあり、九州では陶磁器の産地が数多く存在します。

熊本県でもたくさんの窯元があり、陶器、磁器それぞれの個性豊かな器がつくられています。同じ県内でこれほどまでに多くの窯元が存在するのも熊本の特徴と言えるのではないでしょうか?

今日は、その数ある窯元の中でオンラインショップK cappa でもご紹介している、萩見窯の井銅心平さんについてご紹介します。

萩見窯・井銅心平

井銅心平さん

熊本県宇城市松橋町に窯を構える、萩見窯の井銅さん。

佐賀県唐津での修行を経て、この宇城市に窯を構えられました。

唐津焼の技法を使い、熊本宇城の土にて焼かれるグレーに近い地の色が特徴的です。

宇城の土は鉄分が多いそうで、器の焼き上がりに鉄の様々な表情が加わり、井銅さんの作品の個性となっています。

井銅さんの作品には、三島(※1)と呼ばれる象嵌の技法、粉引(※2)、刷毛目(※3)などの作品をはじめ様々な技法を使われます。

三島湯呑(萩見窯・井銅心平)

粉引輪花向付(萩見窯・井銅心平)

刷毛目多用エスプレッソカップ(萩見窯・井銅心平)

※1 器の表面にヘラやスタンプのような印で模様を入れ、その凹んだ所に白い土を埋め込んだ技法。熊本では高田焼でもその技法が使われます。高田焼上野窯

※2 素地の器の上から白い泥土をかけて(白化粧)焼かれる器。粉を吹いたように白いと言われたことからこの名がついたとも。

※3 素地の器に白い泥土を刷毛で塗って焼かれる器。刷毛の筆跡が残るような技法。

派手にならず、料理を引き立てるような器をとの思いが込められた井銅さんの作品。熊本県内の多くの飲食店で井銅さんの器を使ってらっしゃいます。食事中この器は!と思うと井銅さんの作品だったりということも多々。

料理を引き立てつつ存在感も充分あり、料理人さんに選ばれているのでしょうね。

お家で使えば、普段の料理が和食屋さんの佇まいになりそうな器ばかりです。

萩見窯へおじゃますると、いつも朗らかに笑顔で迎えてくださる井銅さん。萩見窯は光で溢れています。(写真はちょっと前のものです、すみません。先日伺ったんですが、模様替えされていました!)

宇城の窯めぐり

毎年秋に開催されている「宇城の窯元めぐり」。http://ukiclay.exblog.jp

今年は10月7日(土)~ 15日(日)の期間で開催されます。

萩見窯も参加されますよ!

なかなか足を運ぶことの少ない窯元ですが、この機会にぜひお出かけになって、井銅さんとお話ししながら、井銅さんの作品に触れてみてくださいね!

K cappa kumamotoオンラインショップ萩見窯

萩見窯(井銅心平)

萩見窯HP

〒869-0513 熊本県宇城市松橋町萩尾146-3

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする